出産内祝いの常識

出産内祝いというのは、出産祝いをいただいた人に対しての、お返しの贈り物のことをいいます。
せっかく贈るのですから喜んでもらいたいと思う気持ちは理解できますが、まずは出産内祝いの常識を知り、ギフト選びをしましょう。


まず、贈るタイミングですが、子供が生後1ヶ月を迎える頃が一般的です。
このタイミング以降にお祝いをいただいた人に対しては、順次お返しを贈るのが通例です。


いまはのしなど包み方に関してはギフトの購入店がやってくれるのでさほど心配する必要はありませんが、出産内祝いの予算としていくらぐらいがいいのか気になる人は多いでしょう。
いただいた品物の3分の1~2分の1が相場となっていますが、いただいたギフトの金額がわからないということのほうが多いでしょう。
その場合には、3,000~5,000円の内祝いを贈れば失礼にあたりませんので、目安として頭に入れておくとよいでしょう。


ひとまずこの出産内祝いに関する常識、マナーを知った上で、出産祝いを贈ってくれた人に喜んでもらえる品物選びをしましょう。
ただ、これが簡単にいくなら苦労はしない、一体何を贈ったらいいのかわからないと、頭を抱えてしまうような状態に陥る人も少なくありません。


当サイトでは、贈る相手との関係性別に、どのような出産内祝いが喜ばれるのかを解説します。
また、どうしてもギフトが選べない場合に購入するといいものについても触れていますので、出産内祝いの品物選びで困っている人はぜひチェックしてみてください。


Copyright © 2014 もらって嬉しい出産内祝いって? All Rights Reserved.